ブーゲンビリアの塀の中には

"幸せの実がなる庭がある"

「幸せになりたい」と認めたらある程度幸せになった話(と余談)

Amazon Fire タブレットとモバイルキーボード買ったらある程度長文を外で打てる環境ができたので、久しぶりに更新。

 

 

 

このブログの最初 

usgtaiwan.hatenablog.jp

 

このときの自分を振り返りつつ、今はどうかな~ってみてみたんですが

 

・幸せになりたいというのさえ認められなかった

→今「いや、自分は幸せになっていいでしょ」と心の底から思ってる

・自分がどうなりたいのか自覚がない

→完璧ではないが少しずつ動けている(筋トレ、セルフケアなどなど)、「私はどうしたいんだっけ?」と振り替えるくせがついた

・こんなダメな自分を誰にも見せられない

→友人に(なしくずし的に)自己開示できて、「あ、勝手に自分が『本当の自分を知ったらみんないなくなる』って思い込んでただけなんだ~!」と気づく

・割りとすぐ「あ~死にたいな・・・・・・」って口に出していた

→ほとんど言ったり思ったりしなくなった。たま~に言っても「いや、まだ死ぬわけにはいかなくない?」ってすぐに思い直せるようになった

 

結構、そのときより確実に「幸せ」よりになっているな、というのが今の偽りない感情です。

 

当時できないと思い込んでいたこと(自己開示とか希死念慮を消すとか)ができるようになったというのはでかい。

 

結構今幸せじゃん?って思うこともあります。

 

 

でも~私は~もっと幸せになりたい!

 

というか、この1年ずっと「いや~無理でしょ、なにもないのに・・・」って思いつつ、常に頭にあったことをここにわ~っと書いて次の心構えにしようと思います。

 

・あと1回は海外で生活をしないと一生後悔する、死ぬ前に「なんで私はあのとき飛び出さなかったんだ」って絶対思って死にたくなる(???!?!?!?)ので絶対に海外で暮らす、シンガポールとかそっちの暖かい国で・・・いやヨーロッパも憧れるけど(???)東京でこのまますみ続けるというイメージが全然湧かない

 

・お金に対する恐怖心を克服する、お金を持つことも怖いし考えることも怖いという状況からいい加減に抜けたい

→これ、先日のボーナス支給日にしみじみ思ったんですが、私「ボーナス出た、うれし~!」より「私は絶対これを無駄に溶かす」「無駄遣いして消し飛ばしたらどうしよう」「本当は全額貯金とかしたいのに買い物してしまった」っていう恐怖や不安の方が大きいんですよね・・・これがお金に向き合えないでかい理由だ・・・って思いました・・・

 

同い年の人はもう結婚してマンションも買ってるのに!?みたいな比較が抜けないのもここ。自己開示できない恐怖に勝てたんだし(?)ここもきっと脱出できるはずだ・・・

 

・結婚したい

いや、ひとり、本当に飽きる。これは前から言ってるけど。先日生まれてはじめて自分から「婚活アプリもう一回トライするか・・・」という思いが生じてびっくりした。今恋愛したいという機運が自分のなかで高まっている。もう数年恋もなにもしてないので、そろそろ自分に許しましょう。友人の結婚式のためにやせよう、ボディメイクしたい、って思っているのもここがけっこうでかい。自分の体を魅力的に見せたいっていう欲望もここ数年消えていたので、、、

 

やっていきましょう。

暇なのでやってみよ

1か月弱自宅療養するので、何かすることがないと自堕落な生活になってしまう。

とはいえ、まだ出歩いたり人混みに行くほどの元気はない。

なので、改めて英語のブラッシュアップをしようかなって思い始めた。

ずっと思っているんですけどね。

 

大学時代をピークに、今はどんどん下降していて

・リスニングはなんとか

・話すのは「mmmm……」みたいな。簡単な言葉は出るけど、道案内に苦労する。

道案内って書いたのは、自分が職場近くの外国人観光客に道を聞かれまくるからで、みんな「ここに行きたいんだけど、何線に乗ればいい?」「この駅の入り口どこ?」「ホテルの行き方分かる?」って違うことを言うので(当然)、マニュアル化できない。どうしてみんな私に聞くんだ。

ちなみに旅行先でも聞かれる(国内・海外問わない)から、なんか聞きやすいんでしょうね。問題は自分も道が分からないっていう。。。言い訳でもなんでもなく……

 

自分ルールとしては

・今暇だからできるっていう感じにしない

 今なら毎日テキスト開いて~~ってできるけど、働き始めると正直無理。そこまでお尻に火が付いてないってのがあるけど、夜勤もあるし、怠惰になってしまうので、そこを見込んだスケジューリングで。

Youtube活用する

 日本人向け英語講座より、ESLのを使う。Intermediate~のものとか。

・テキストは1冊

 とりあえずLinkage Clubの「Jump Start」を購入。理由は新書判で持ちやすく、内容も良さそうだったので。「すらすら言える」と「ちょっと詰まる」の中間くらいの内容がよさそう。人に寄るだろうけど、私は"Hi, I'm Junko. How are you?" "Welcome to Canada! Nice to meet you, Junko. I'm Mary. "みたいな会話文が延々続くテキストを最初から覚えるの、個人的にはかったるいので……

 

昔はアプリとか使ってみたこともあったんだけど、自分にはどうも向いてなかったみたいで、飽きてしまった。発音矯正やら単語学習やら色々あるし、良さそうだな~って思うんだけど、自分の生活が規則正しい生活にはなりようがない(シフト制の職場・夜勤あり)だと、プッシュ通知が届く度発狂しそうだった。

 

ゆるく続けてよかったら負荷を増やすくらいがちょうど良い。

楽しんでみま~す

入院に備えて/入院後買ってよかったものメモ

子宮筋腫&卵巣の腫れで手術・入院してました。
また、あとでまとめます。

■入院に備えて

病院から持ってこいメモ渡される。ほとんど無印良品でそろえた。旅行道具が使えることに気づく。スパバッグが軽いしシャワー室に持っていけるし非常によかった。有名なポーチよりこっちのほうがよかったなー。S字フックは本当に使えた。病院の売店にも売ってたから皆使うんでしょう。案外ウェットティッシュは使わなかった。短期間だったからかな?これは無印良品ではないけど、小さいヘアオイルは持っていって良かった。自意識を取り戻せる

病院からパジャマ&タオルの貸出サービス提示されたのはありがたい。1日300円程度で清潔なパジャマとタオル使い放題なのは最&高

入院後買ってよかったもの

話は前後するけど、退院が突然早まり、家族がいないタイミングで出なければいけないことになって焦った。ネットスーパーを初めて登録し、イオンとイトーヨーカドーでとりあえずアカウント作ったけど、イオンが使いやすかった。イオン信仰が高まってしまう。Amazonフレッシュ、なんか写真がイマイチだったりで信用しづらい。レビューの質も入院中の身では判断しづらかったのでどうかなー。都心部なのでその日のうちに、とな急ぎの対応お願いしたいときは良いかもだけど、急がず、まとめ買いしたいときにはイオン使おうと思う。

退院の日は友人が来てくれることになったのだが、その時初めて色々我が部屋に「たりないもの」があることに気づく。自分かどれだけ雑な暮らしをしていたのか。やかんもなければカトラリーもない。

Amazonで買ったタイガーの「わく子」がかなりQOLを上げてくれた。

あとLOHACO(無印良品ネットストアより配送料安いし届くの早い)で買った無印良品のステンレスカトラリーとふきん。

AmazonとLOHACOとイオンネットスーパーを駆使しまくらないと、都会のひとり退院は乗り切れないな!!!

友人が色々買ってきてくれた中で、滅茶苦茶嬉しかったのは成城石井のレトルトスープ。ありがたい。レンジで温めるだけで食べられるし負担ないし。(私は特に食事制限ない)

お見舞いで大きい菓子箱をガンガン貰って困ってしまった(ひとりでは食べ切れない…)のだが、これは自分が上げるときにも考えたいポイント。ノンカフェインのお茶(麦茶とかクセのないもの)のティーバッグとかいいかもって思った。すぐ使わなくてもその後家で休むときも使えるし……。

入院生活で困ったこと、、、なんか中途覚醒するようになってしまった。今も続いてるので今度診察で相談しよう。

あけました&2018年にやりたいことリスト100

あけましておめでとうございます!!!いろいろ書こうとしていたらあっという間に2017年が終わり、2018年が始まりました。ぬるっと年明けてしまった。

もうすぐ子宮筋腫の手術を控え、実家でもどたばたお買い物をし、実は未だに家が片付いておらずやばい状況でハハハと乾いた笑いが出てきます。やっていきましょう。

 

そして(??)1年の計は元旦にありということなので、今年やりたいことを思いついた順に書いていこうと思います~。あとで体裁整えたやつをきっちり出そう~~ってして結局書けなかった2017年なので。

 

ちょうど 今週のお題「2018年の抱負」らしいのでいいかな。

 

2018年にやりたいことリスト100

 

1. ボイトレに行く

2. ドイツ旅行する

3. 台湾にまた行く

4. ミュージカル「モーツァルト!」見る

5. ミュージカル「M.A」見る

6. ジムに通う習慣を身につける

7. 1週1料理、ひとつは身につける

8. 家でDVD鑑賞会開く

9. 積み立てNISA/iDeco/積み立て投資 のいずれかを始める

10. 副業を始める

11. 新しいパソコンを買う

12. 好きな服のテイストを見つける

13. 背中や二の腕の肉を取る

14. 脱毛を始める

15. ヘアビューロン買う

16. 京都国立博物館の刀展示行く

17. 引っ越す

18. 中国語を習う

19. 歩き方を改善する

20. 文章をお金にする

21. カメラを買う

22. 一人旅する

23. 毎月1本は映画を見る

24. 恋愛を自分に許す

25. 体を使って自分を表現するワークショップに行く

26. 顔のマッサージをする物体を手に入れる

27. 車の運転技術を思い出す

28. コーヒーを家で入れられるようにする

29. ゲームをだらだらするのをやめる

30. 婚活的なことを始める(???)

31. 母親の料理のレシピのようなものをまとめる

32. 減点方式ではなく加点方式でつきあうことを覚える

33. 歌を習ってみる

34. 引き続きダンス教室チャレンジする

35. 資産について真剣に考える

36. 日記をできるだけつける

37. ビジネスクラスに乗る

38. できたらファーストにも足を踏み入れてみたい

39. 国内でさくっと旅に出てみる

40. ミュージカル「薄桜鬼」見る

41. サーフィンを習う

42. 場所関係なくお金を稼げる(きっかけになる)資格を取る

43. ムーンプランナーを使いこなす

44. CITTA手帳を使いこなす

45. 普段持ち歩く荷物を少なくする

46. 新しいめがねをつくる

47. 月1で美術展に足を運ぶ

48. 前もって休日のプランニングをする

49. 夜勤明けの日はたくさん寝る 時間の無駄と思わない

50. 知らない人のいる集まりに顔を出してみる

51. 見た・読んだ作品の感想を必ずアウトプットする

52. 手帳タイムを毎週つくる

53. オーストラリア行く

54. 歌舞伎を見る

55. 自分の名前でお金を得る

56. 姿勢矯正する

57. 骨盤矯正する

58. お金の整理が出来るようになる

59. 新しい財布を買う

60. 腕時計を買う

61. 人とお付き合いをする

62. 人と比べない精神を持つ

63. 末満さん新作を見る

64. 刀ステ新作見る

65. 他人に自分の料理を提供する

66. 推しが出演する作品を身の丈に合う程度見に行く

67. 家で筋トレする

68. 自分の機嫌の責任を自分で持つ

69. テルマー湯行ってみる

70. 新潟に行く

71. 四国に行く

72. 名古屋行く

73. ソウルに行って韓国ミュージカル見る

74. 英語をブラッシュアップする

75. 推しに「お花」を出してみる

76. 写真を習う

77. 旅行記をまとめる

78. 写真を整理する

79. 所作を丁寧にする

80. ヘアメイクを習う

81. ガツガツ食べない

82. 形の良いお尻にする

83. 人のためにサッと使えるお金を作る

84. アンジュルムのコンサートに行く

85. KAT-TUNのコンサートに行く

86. 家を買えるくらいの資産を作り始める

87. 小顔矯正受けてみる

88. 日記をつける(ほぼ日手帳

89. 箱根神社行く

90. 三峯神社行く

91. 浴衣を着て花火大会に行く

92. ビーチリゾートに行く

93. お気に入りの万年筆を買う

94. オリジナルインクを作る

95. ブルーレイプレイヤーを手に入れる

96. ふわふわぷるぷるパンケーキ食べる

97. 雑誌に紹介されるような部屋にする

98. 一生もののアクセサリーを買う

99. 自分の足にあった靴を履く

100. 腰をケアする


ばーーっと書いてみたけど……なかなか思いつかずに苦労した。


叶ったり加えたくなったりしたらまた書き直します。




37日目:いたいとげいたくないとげ

うっかりfacebookを見てしまったのが失敗だった。通知欄に大昔に別れた彼氏の誕生日ですよ、というのがあり、今日はちょっと気力もあるしと思って久しぶりに見てしまった。
 
ですよね、子ども産まれてますよね~~~。
 
とっくの昔に父親になってるんだろうな、と思っていたのだけど割と最近だったらしい。きつい。
 
あのまま結婚までいたら、ここでニコニコ笑っているのは自分だったのだろうか?と思うけど、それでもやっぱり「あのまま結婚はできなかった」という気持ちは否定できない。当時の人付き合いを振り返ると、「今の自分がそのままタイムスリップしたらある程度うまく対処できるだろうな」というのはいくつかあるけど、相手の家族とは今をもってしてもしみじみ「絶対無理」という気持ちにしかならないので、これはやっぱり無理なんだと思う。それが、経済的価値や社会的価値とトレードオフだとしても、私にはできなかっただろう。
 
 
ぴかぴかのエリートで、人柄も良く、賢く、そんな相手といると、自分が常にみじめで仕方なかった。自分だって恥ずかしくない家族がいる、世界レベルで賢くはないが一般社会で生きて行くには充分なほどある、と思っている。だけど、一緒にいると、自分が何もできなくて、相手の庇護を受けていないと生きていけなくて、みっともない、英語もろくに話せない、お茶やお花や美術や、そういった教養もそういった社交で生きて行くには全然足りなくて、と思うと絶望のほうが大きかった。
 
私がそういう絶望にいると、なんでもやってくれるのだけど、そのなんでもやってくれるというのが更にみじめさを増して、結局私はそこから逃げた。
 
 
海外赴任をしている、もしくはついていってるかつての友人、子どもを産んでいる友人、結婚している友人、何か自分のやりがいのあることにがんばっている人(NGOを立ち上げている人までいる)がずらずらといるfacebookを見ると死にたくなるし、自分はまるで価値がないように思えてくるし、今でも自分はみっともないと思っている。今でも。
 
 
そしたらきょう、こんなブログ記事を見つけた。
 
 
汚部屋掃除に取りかかることにしたので、方法とか心構えとかを調べていたら出会った。
 
"misfit"
 
とてもしっくりきた。そして、最後の段落に泣いた。
 
まだ動画を見ていないのだけど、一刻も早く見ようと思う。
 
 
 
 
 
 
 
 

36日目:しんどいときにひとりでいたくない(子宮筋腫の治療1カ月目)

子宮筋腫のホルモン治療が始まって1カ月だった。

具体的には、月に1回、おなかにホルモンを抑制する薬を入れるだけなんだけれど、体は擬似的閉経していることになる。

副作用が出ることもありますよ~と言われていたのを軽く考えていたけれど、結構じわじわつらいな~と思ったので書いておく。

1. だるい
 何もする気が起きない…だるい…料理とかしたくない…面倒くさい…というのがずっと続く。先月までは「自炊始めました!やった~!」とか書いていたし実際楽しんでいたのに、今は何かを新しく始める気が起きないし、日々のことがだうり。

2. 感情が爆発する
 先日、好きな舞台の初日があって、人気作のためチケットは完売、当日券は抽選…ということがあったのだけど、私のTwitterではいろんな人が初日に行っていて、私は当日券に落ちた。元々申し込むときから「初日は人気だよな~」と思っていたし、実際最近までは「まあいけなくても仕方ないな、楽しもう」って思っていたのに、その日私はめちゃくちゃ落ちて、「みんな私が弱いオタクだって思ってる」「私にはファンを名乗る資格がない」「バカみたいだ」「みんな私のことバカにしてるんだろう!」ってすごく情緒不安定になってしまった。実際、私が応援している俳優のファンの方はガチ勢が多く…というかたまたま私がガチ勢の方とつながって…で、ほとんど全通してるじゃん、みたいな人が多いのだけれど、特に私のことについてどうこう言う人たちではないのに、この世の終わり、みたいな気持ちになった。

私は私が見たくて行っていて、誰かと比べるためじゃないのに。
でも実際私は見たいものが見られなくて、もっと見たいのに、がんばれなくって、死にたい!

ここまで来て、ようやく「あれ、なんかこういうのめっちゃ久しぶりだし、この精神の乱れ、もしかして…」となった。

実際泣きわめいたり、みんな私のことばかにしてるんでしょ!!!ってSNSに書いたりしなかった分、よかった…って思ってる。全部ひとりで絶望してた。繭期再来

3. 体が熱い。いわゆるホットフラッシュ

ここらへんは更年期障害の症状としても出るものらしいので、なかなかしんどいなあ、と感じた。




この中で特に2のときに思ったんだけれど、私はそのときも1人で居て、実際今恋人もいなくて家族もいなくて、ふらっと話せる友人というのもいないわけじゃないけれど、学生のときみたいに突然電話して何時間も電話する、とかそういうことはできない。

こういうつらさやかなしさやみじめさ、しんどさをひとりで感じるのはなかなかつらいなあ、としみじみと感じた。

どこまでが甘えか、依存か、これは自立ではない、とか思うんだけど、心底ひとりでこういうつらさを感じるのはいやだなあ、って思った。


あと、最近物件を探していると、1人暮らしってコストパフォーマンス悪くて、私はどうしてこういう生き方してるんだろう、って思ってしまった。もっと割り切って、親の言うとおり経済的な分担のためにもパートナーを見つけるという考えは、否定されるものではなかったのでは?と思った。それで子どもを作るかどうかは別の話だけど、とにかく誰かと生活して費用を分担したい。つらいときに1人ではいたくない。めちゃくちゃわがままだけれどそう思う。

わからない、どうやったらパートナーを作っていい状態なの?
私は誰かと一緒にいることに足るべき存在なのか?

薬の副作用のせいかもしれないし、単に年齢の問題かもしれないけど……不安に陥ってます。





35日目:ゆるくエクササイズをはじめました

先日は衝動に駆られて、誰向けかわからない記事を書いてしまいましたが、まあ、誰向けというほどのブログでも…ない…かな…?という適当さが出てきました。前からか。

あれは1年くらい書きたい書きたい書かねば……ってたまってたものを一気に放出したので、落ち着いたらまた整理したいと思いつつ、まあいいか、という気分もあり。

それはさておき、最近ゆるくエクササイズを始めました。
寝る前に3分間フィットネスというアプリで運動して、仕事中(特に夜勤のとき)にトイレで壁腕立て伏せ10回orスクワット10回(トイレのたびに)って感じです。


某自転車舞台の円盤が発売されたので、カラオケボックスで見ていたんですが(Blu-ray再生装置ないのにBlu-ray買った)、体を動かしまくってる若者たちを見ているうちに「体動かしたい…」って思ったら、「あっ、ひとりで見てるんだし、壁腕立てできるじゃん!?」って気づきがありました。

おもむろに壁腕立てする私…スタッフからみたら恐怖だろうな…

しかし、そのときに「運動っていろいろ準備しなくちゃ…とかめんどい…って思ってたけど、これくらいなら自分でもできるのでは?!」とエウレカきました。




運動しなきゃ、運動しなきゃ…って焦る
本買う または ダンススタジオとかそういうのに行く
本に載ってるやつ全部しなくちゃ!
破滅
もうこういう失敗したくない…やりたくない…

という感じで、ずっとなあなあにしていたんですが、今年シンガポールに行くのと、腰痛膝痛、そして観劇時のおしりの痛みがすごい、ってことがあったのでゆるく始めることに。

今のところ、まあまあプレッシャーを感じずに続けられています。



最近、「新しい物事を『習慣』として身につけるには、1年を見ないとだなあ」という気がしています。

雑誌とかブログとかTwitterとか見てると、みんな新しい物事をすぐ習慣にして、すぐ続けている…ように思っていたんですが、それは
①元々ストイック
②似たような趣味を続けていた
③続けなくてはいけない必要がある・差し迫っている
とかかなあと…。

なんとなく~とか、必要がないけど…っていうものは本当に習慣付かない。

なので、新しい物事を始めるときは最初から「よっしゃ~!バリバリ意識高くするぞ~!」というより「1年で『何も言わなくても無意識でやってる』くらいにする」っていう意識でいたほうが取り組みやすい、と気づきました。

(私化粧をするのが楽しくなって1年くらいなんですけど、それは「自分が似合う色が分かる」「自分がどうしたらストレスが減らせるか最大限追求する」とかそういうのがあったんですけど、「よし、化粧するぞ!!」から「ちょっと出かけるからさっと化粧する(私、それまでは友人との集まりでも『眠たかった』『だるい』みたいな理由で化粧しなかったりしてたので…)」て習慣づくまでに1年かかりました)

あと、前までは「1日10分くらい動いただけで何も変わらないでしょ…」って思ってたんですが、小さな積み重ねってバカにならない&その10分で「ああ、ここの筋肉どうにかしたいな」とか「食事を変えたほうがやっぱりもっと効果挙がるんだろうな」と考えることにより、その後の意識も変わっていくんですよね……それが結構でかいなあ、とようやく思い至りました。

「どうせ変わらないし~」とごろごろするより3分でも10分でもいいから初めてみるの、マジで大事ですね……。


女性の筋トレのやつとか、なかなか自分の年代にあう人がいなかったり、ちょっと急激にそれは…とか、いろいろ目標としたい人が見つからない…みたいな迷子になっていたんですが、自分はなんとなく舞台に出ている俳優さんがモチベーション?目標になるみたいです。

自分より年上の方もいるし、その方が実際に動いているのを見ることができるし、何より「自分はこんなに美人じゃないし…」「こういう系統じゃないし…」みたいな引け目?を感じないですむんですよね。。。「こういう美しい人だって体作りしてるんだ!」というモチベーションだけは高まるので、まあ、人それぞれですよね……。

しかし、最近NMB48の女子力おばけの本が気になったりしてるし~。
もう少し自由に柔軟にしていきたいですね。